« ガチャ子さん、鳴く その三 | トップページ | 座椅子でうたた寝 »

2010年3月24日 (水)

女優魂

 お客さんが来ると自己主張と時には威嚇?をするガチャ子さんですが、落ち着いて受け入れたお客さんも居ました。
 ネコシッターさんです。

 どうしても長時間家を空けなければならない事情ができた年末、ネコシッターさんにきてもらうことにしました。
 ガチャ子さんのお世話をお 願いする一週間ほど前に下見に来ていただき、サービスと料金を確認し、契約書を交わしました。
 その時のガチャ子さんは実におとなしく、よい子に していました。シッターさんに「かわいいですね」と声をかけてもらい、写真も撮ってもらいました。その写真はシッターさんのサイトにあるブログに掲載され ています。
 ガチャ子さんは、お世話になっている方々のブログには写真を載せてもらっているのに、飼い主のブログには影も形も見えないという今時 珍しい猫なのでした。

 年末から年始にかけて数回シッターさんのお世話になりましたが、シッターさんにけんかを売るようなこともなく、いつも用意してもらったゴハンをも くもくと食べたあとはおとなしく寝床に戻っているそうです。

 自分に直接関係のないお客さんには真っ向から異議申し立てをするくせに、自分のためのお客さんには「おとなしいワタシ」を演じてみせる―ガチャ子 さんは老獪な演技派女優でもあるのでした。

« ガチャ子さん、鳴く その三 | トップページ | 座椅子でうたた寝 »

日常」カテゴリの記事