« お風呂大好きの子猫 | トップページ | 深夜の出来事 »

2010年3月 7日 (日)

不思議模様ではあるけれど、よく見ればきっと多分わりと魅力的

 今はMIXと呼ぶようですが、いわゆる雑種の日本猫の模様は実に多種多様です。様々な柄があるということは、人間の美的基準に合う柄の猫とあまり合わない柄の猫が出てくるというわけで、たとえば、ネットで人気の白黒鉢割れ雄猫君は、間違いなく美猫さんでしょう。数年前にネットアイドル猫に選ばれた雉トラ猫さんや、彼女と同居している鯖トラ猫さんも、折り紙付きの美猫さんです。皆、人間から見ると柄がとても美しい。もちろん、彼らの魅力は柄だけによるものではありませんが。

 一方彼らとは逆に、ファニーな愛らしさが魅力で人々の心を引きつける猫さんも少なくありません。妙なところに斑点があったりするけれど、それがチャームポイントになっている等々。

 何度も書いているように、ガチャ子さんの模様は実に不思議です。茶虎猫が墨壺に落ちてしまったような何とも言いがたい模様で、いわゆるムギワラとも違う気がします。心優しい方々からは、三毛猫といっていただくことも時折ありますが、客観的にみるといわゆる三毛猫のイメージからはかなり遠い。「かわいい」とは言ってもらえても「きれい」とは言ってもらえない、模様の美しさという点では「残念」という以外にないというのが正直なところです。

 が、そんな彼女にもチャームポイントがあります。それは目だと、少なくとも母と私は思っています。

 実は、このことに気づいたのは、ガチャ子さんがだいぶ大きくなってからでした。顔中にシミが飛び散っているような彼女の寝顔はなんともファニーなのですが、起きているときには結構可愛いような気がする。それは、ガチャ子さんの目が大きくて、瞳に力があることによっているのではないかと思うのです。

 かまって欲しかったりゴハンが欲しかったりするときに見せる、目の魅力を最大限生かした最上級のカワイコぶり顔は、なかなか。押しも押されもせぬ立派なおばあちゃん猫となった今でも、飼い主の猫好き心を鷲掴みにしてくれます。

 でも、結局のところ、柄がどうの目がどうのと勝手なご託を並べようとも、飼い主にとっては自分の猫が一番可愛いし魅力的。世界中には、一番可愛いくて魅力的な猫が無数にいるのでしょう。

 ……人間の方が、猫の掌ならぬ肉球の上で踊らされているのかもしれない。

« お風呂大好きの子猫 | トップページ | 深夜の出来事 »

日常」カテゴリの記事