« 子猫のファンタジー | トップページ | 無精で神経質 »

2010年4月22日 (木)

初めての夏

 よく食べる、よく遊ぶ。健康優良児のだったガチャ子さんでしたが、初めての夏に意外な弱点が発覚しました。
 梅雨が明けるまでは元気そのものだったのに、夏本番の到来とともに、日陰で寝そべるばかりで食欲も大幅減退。病気になったのではと心配しましたが、夜だけはよく食べる、という日が続きました。どうも夏ばてだったようです。
 当時私たちが暮らしていた家は、廊下も居室も床はほとんどが絨毯。しかも西向きだったため、夏は相当に暮らしにくい住居でした。

 モカモカの絨毯の上にモカモカの毛皮で寝そべらなければならないとしたら、苦痛に感じても当然でしょう。
 そこで、我が家では数少ないひんやりつるつるの床をガチャ子さんのために解放することにしました。玄関とリビングの間の内ドアを開け、さらに風通しを良くするために玄関の戸も少しだけ開けました。ガチャ子さんが外に出られない程度に。

 このほか、気分転換にマタタビをやったりもしました。

 猛暑が過ぎ去るとともに、また元気回復食欲もりもりのガチャ子さんに戻ったのでしたが、夏が弱いことは今でも変わりません。

« 子猫のファンタジー | トップページ | 無精で神経質 »

昔話」カテゴリの記事