« 猫と仲良くなる方法 その3 | トップページ | 安心できる場所 »

2013年2月19日 (火)

信頼される人

  アンズとリンリンと暮らすようになってから、三週間以上が経ちました。撫でるだけでなく、おもちゃで一緒に遊ぶことも毎日のように続いています。たまには抱っこも。

 正直なところ、こんなに短期間になじみ始めるとは思っていませんでした。厳しい野良生活を経験していて警戒心の強い彼らと距離を縮めるには相当な時間がかかるはず、そう思って始めた今回の猫暮らし。

 けれども、野良生活でしたであろう怖い思いや嫌な思いの影響はまだ残っているかもしれないものの、彼らはすでに立派な家猫になっていました。そのように育てたのは、保護主さんです。1年かけて「むやみに恐れなくても大丈夫な人も、世の中にはいるんだ」ということをアンズたちに伝えた、彼らにとって唯一の信頼できる人が保護主さんなのでしょう。

 アンズとリンリンが、見ず知らずの私を短期間のうちに受け入れ始めてくれたのは、保護主さんとの信頼関係ができあがっていたからにほかなりません。保護当時、彼らとつきあうのがどれほど大変だったか、私などには想像もつきませんが、保護主さんの思いは、アンズとリンリンの中に確かに根付いているのだと感じます。

 猫と仲良くなるには、焦ってはだめですね。私も、ゆっくりと構えて彼らとつきあっていくことにします。まずは、「普通にコワイ人」から「あまりコワクはないかもしれない人」への昇格を目指して。

Cimg1342
 

 隅っこが大好き。いかにも猫らしいアンズとリンリン。

« 猫と仲良くなる方法 その3 | トップページ | 安心できる場所 »

日常」カテゴリの記事