« 家の中には危険がいっぱい | トップページ | 怪しいやつ、発見 »

2013年6月 8日 (土)

仲良し親子

 ハッスルリンリンにアンズが押しまくられることはあれど、アンズとリンリンは基本的には仲良しです。保護主さんのろんぷさんもリンリンのことを「お母さん大好きな甘えっ子」と言っていました。

 一緒に暮らしてみて、本当にそうだと私も思います。

Cimg1505
 こんなふうに、昼寝を楽しんでいるアンズの脇に無理矢理陣取ることも良くあります。

 ただ、リンリンが甘えっ子になった原因は、アンズにもあるようです。

 引っ越し後しばらくのあいだ、私がリンリンをかまって撫でている時などに寝ていたはずアンズが近くまでやってきて様子を見ていることが良くありました。まるで「ウチの子をいじめたら許さないからね。」といった感じで。当のリンリンは盛大に喉を鳴らしているのですが。

 そういえば、我が家に来た当座、アンズは私のことを警戒しつつ、リンリンにも常に気を配っていました。自分から離れたところでリンリンがまごついていると、「ニャッ」と鋭く鳴いて、自分の近くに居るよう促したりもしていました。

  おやつの時なども、最後の最後までお皿をなめ続けているリンリンの頭を優しく舐めたり。

  先日も、捨てるためにまとめていたゴミの袋にリンリンが顔を突っ込んでいたので、「な~にしてるのかな?リンリンさ~ん?」と声をかけました。すると、慌てて袋から離れてウルウルッと言い訳をしたリンリンのそばに、すかさずアンズが駆け寄って鼻と鼻をつけてなぐさめたのでした。

 な~んだかね~。

 リンリンは、人間で言えば大学生くらい。猫で良かったね。甘やかされるのは、猫の仕事だものね。

 ただ、リンリンの名誉のために言い添えるのなら、アンズの不調や異変に対して敏感に反応する面もあるのです。先々月、ワクチンの副作用からか、アンズがごはんを食べなくなってしまった時、リンリンもずっとおとなしくしていました。アンズにとってリンリンが大事な息子であるのと同じように、リンリンにとってアンズは、大好きなだけでなく大事なママなのでしょう。

« 家の中には危険がいっぱい | トップページ | 怪しいやつ、発見 »

日常」カテゴリの記事