« ママの言うことは聞きなさい。 | トップページ | アルトとメゾソプラノ »

2013年11月13日 (水)

新しい食器棚

 まだ暑かった頃のことです。

 台所で夕食の支度をしていた私の肩に、外れて落ちてきた食器棚のガラス戸が当たりました。

 ガラス飛散防止フィルムを貼っていたため、けがをすることもなければガラスが広範囲に飛び散って大変な思いをすることもありませんでしたけれども、ちょっと驚きました。

 われたガラス戸を始末しながら思いました。そろそろ買い換えてもいい頃かしれない。

 早速次の休日に近所の家具屋さんに出向き、新しい棚を購入しました。その手続きを取りながら私はこんなことを思っていました。

 ついでに冷蔵庫の掃除もしてしまおう。そういえば、大掃除のたびに、ガチャ子さんは大はしゃぎをして、空になった棚に出たり入ったりして遊んでいたっけ。アンズとリンリンも、食器棚の入れ替えと冷蔵庫の掃除を一度にしたら、きっと興味津々でおもしろがるに違いない。楽しい写真が撮れるかも。

 ところが、予想は大外れ。床に並べられた冷蔵庫の中身を点検には来ましたが、空になった食器棚には目もくれません。

 猫もいろいろなのだなと改めて思い、写真のことはあきらめて黙々と新しい棚を拭きあげ、さあ、中身を入れましょうという段になって―。きれいになった食器棚の中にふたりそろってちんまりと座って居るではありませんか。

 「あら、あんたたち」

 思わずこう言ったら、ささっと逃げ出してしまいました。結局写真は撮れずじまい。もう一度棚を拭き直しながら、「惜しいことをした」と悔やむ結果に。

 本当に、猫暮らしはいろいろとままならないことが多いものです。それが又楽しいのですが。

 新しい食器棚は、古いものよりも高さがあります。アンズはともかく、リンリンには登るのは難しいだろうと思っていたのですが、先に制覇したのはリンリンでした。

P1010456
 ちょっと得意そうな顔です。

P1010458
 どうやって登ったものやら。でも、食器棚の上に猫たちが登った姿を見たことは、この後はありません。登りにくすぎると登りたい意欲がそがれるのかも知れませんね。

 

« ママの言うことは聞きなさい。 | トップページ | アルトとメゾソプラノ »

日常」カテゴリの記事