« 遊ぶ猫 その3 アンズのひとり遊び | トップページ | いつもの毎日 »

2014年4月 9日 (水)

歯みがき講座

 少し前のことですが、かかりつけの動物病院で開かれた歯みがき講座を受けました。

 アンズたちがお世話になっている病院では、いろいろな講座が開かれます。歯みがき講座はそのうちの一つです。主たる対象は犬なのですが、猫と暮らしていても参加できると知り、行っててみたのでした。

 参加したのは、人が3人に犬2匹。私は自分だけの参加です。

 最初に獣医の先生が犬や猫の口についての説明、歯みがきの重要性についての講義をしてくださり、その後に実践という流れです。

 犬と一緒の参加者は、看護師さんの指導を受けながら歯みがき練習。とてもイイ子の犬だったので、スムーズに磨けていました。

 私はそれを側で見せていただき、脳内でシミュレーション。リンリンがどこまでさせてくれるかわかりませんが、勉強になりました。

 猫を連れては行かれない私は、実践は観るだけと思っていたのですが、先生と一緒に暮らしている猫が特別参加。私も少しだけ猫の歯に触れる練習をさせていただけました。

 その猫、懐こくて可愛い黒猫でした。丸顔でドングリ目。リンリンの従姉妹かしらと思ったくらいです。思わず大喜びしてしまいました。

 歯みがき講座に貢献した彼女は、猫親募集中なのだそうです。感染症キャリアのため先住猫が居る家庭は難しいとのこと。でも、性格が良さそうなので、猫暮らしのパートナーにはうってつけではないかと思います。

 講座が終わった時、「幸せをつかむんだよ」と言ってお別れしました。

 講座の後、お土産をいただきました。歯みがきに使うガーゼと猫用歯磨き粉、猫用ガム、それに歯ブラシです。

 何度か書いているように、アンズには口内炎がありますので、下手に触ると痛い思いをさせてしまいます。でも、リンリンなら今のうちから慣れさせることができるかも、と期待をもっています。リンリンがアンズの体質を受け継いでいたとしたら、遠くない将来に口内炎を発症することもあり得ます。できるだけそうならないように、私にできそうなことはしてみようと思って、講座に参加したのでした。

 少し前から、リンリンをなでる時に口まわりにも触れるようにしていました。リラックスしている時ならば指で少し歯に触ることくらいはできます。

 さて、歯みがき大作戦、うまくいくでしょうか。

 なお、歯みがき練習の際のポイントは、あせらず、少しずつ、ご褒美もうまく使い、リラックスして、だそうです。

 猫とのつきあいの基本と同じですね。

P1020069

 「ま~た何か藻塩が企んでる気がする」 

 

 

« 遊ぶ猫 その3 アンズのひとり遊び | トップページ | いつもの毎日 »

日常」カテゴリの記事