« 押し入れがジャングルジム | トップページ | 新しい昼寝場所 »

2014年6月27日 (金)

甘え気分、アピールそれぞれ

 今までにも何回か書いていますが、ストレートに甘えるリンリンと、控えめに甘えるアンズの違いは今も変わりがありません。

 ナデナデして欲しい時のおねだりの表情の違いも一目瞭然。わかりやすいリンリンは、ドングリ眼力を遺憾なく発揮しつつニャーニャー鳴きながら全身で甘えてきます。時には鋭い爪も出したりして。

P1020380

 対してアンズは、香箱座りでこの表情。

P1020342

 静かにじっと見つめてくるアンズの鼻先が、「撫でて」と私に訴えかけています。

  面白いなと思うのは、アンズがこんな風にナデナデをねだってきて、私がそれに応えると、必ずリンリンがわざわざ側に来てアピールをするのです。でも、逆はありません。リンリンを撫でている時にアンズが側に寄ってくることはない。

 性格の違いと言ってしまえばそれまでなのでしょうが。

 左手でアンズ、右手でリンリンをなでている時、猫暮らしの喜びをこの上なく感じます。ふたりに会えて良かったと思うひとときです。

 

« 押し入れがジャングルジム | トップページ | 新しい昼寝場所 »

日常」カテゴリの記事