« 爪とぎ対策 | トップページ | 怖くなくなったのはいいけれど »

2015年1月27日 (火)

2回目の引っ越し記念日

 昨年の夏頃から、アンズやリンリンが私に対してしてくれるようになったことが二つあります。

 一つは、挨拶のために私が差し出した指先に、鼻をつけてにおいをかぐだけではなく頬をすりつけるようになったこと。

 聞いた話ですが、指先に頬をすりつけるという行為は、安心しているときに出やすいとのこと。私に気を許しているのだとすれば嬉しいことです。

 もう一つは、鼻キス。私が顔を至近距離に近づけると、アンズやリンリンも顔を寄せてくることが多くなりました。結果、鼻と鼻とが触れあうことも。

 1年ほど前までは、私が顔を近づけてもさっとよけていたふたり。小さな変化、でも、嬉しい変化です。

 人である私にとっての2年は、猫たちにとっては8年分くらいの時間にあたります。猫目線で考えるのなら、随分と長い時間を掛けて私との暮らしになじんできたということになるのかも知れません。でもそうであるのなら、彼らにとっての私との暮らしは、すでに随分と長く続いていることになります。

 今日は2度目の引っ越し記念日。ふたりとの生活は、これまでよりもこれからの方がずっと長いはず。これからも、よろしくね。アンズ、リンリン。

1_2
 しつこいリンリンをかわして、洗濯機の上でくつろぐアンズ。冷えるといけないので、このあとゆたんぽ入りのこたつの中に連れて行きました。そのままお昼寝に突入。

2_2
 お母さんに逃げられて不満顔のリンリン。でも、ハロゲンヒーターの温かさで気持ちをそらすことに成功。

Photo_2

 こんな風に電車ごっこスタイルでくっついていることもしばしば。

« 爪とぎ対策 | トップページ | 怖くなくなったのはいいけれど »

日常」カテゴリの記事