« フリーダム、もしくはおじゃま猫 | トップページ | 母の威厳 »

2015年1月12日 (月)

がっつく草食男子

 先日のことです。猫たちも私も食事を終え、まったり気分でくつろいでいたときに、「トン」という軽い物音がキッチンから聞こえてきました。

 何か落ちたのだろうかと立ち上がった私の足下を、アンズが急いですり抜けていきます。

 果たしてキッチンでは……。それ、捨てるつもりで三角コーナーに入れたキャベツの外側の葉っぱじゃないの。

1
 「やだわこの子ったら、猫なのに」

 「ええ~っ、おいしいよ、これ」

2
 「そんなに言うなら、どれどれ」

3
 「やっぱりだめだわ、私」

 でしょうね、アンズは肉食女子ならぬ、魚食女子でもなく、カリカリ女子だから。

4
 「こ~んなにおいしいのに、お母さんって変なの」

 いやいや、変わっているのは、目をきらきらさせてキャベツにかぶりつくアナタの方でしょうよ。

 この後、食べ残した芯を軟らかく煮て、寝しなのおやつのドライフードに混ぜてあげました。

 完食でした。


« フリーダム、もしくはおじゃま猫 | トップページ | 母の威厳 »

日常」カテゴリの記事