« アンズの気持ち、リンリンの気持ち | トップページ | 朝の風景 »

2015年7月28日 (火)

すねちゃったリンリン

  アンズが入院していた一週間、リンリンは私のそばにいることがとても多く、しばしば「なでて、遊んで」と要求。

 一人で不安なのだろうと、私もなるべく応えるようにしていました。

 アンズが退院してきた日、数時間おきのミルク投与が必要なこともあり、私の関心はどうしてもアンズに向きがちでした。

 リンリンにもなるべく声をかけるようにはしていたつもりでしたが、いつもと違うにおい、いつもと違う様子のアンズにリンリンは大警戒。決してそばに寄ろうとはしませんでした。

 アンズの方から何度か接近を試みるものの、少しにおいをかいではウーウーとうなります。そしてシャーと言いながら離れていくのでした。

 翌日、リンリンはゴハンを食べないという「暴挙」に出ました。ストレスがかなりかかっている様子でした。

 一人はイヤ。でも、帰ってきたアンズもイヤ。

 アンズのことを思い出すまで待つしかないのですが、困ったと思いながらリンリンをなだめつつ、数日間を過ごした私でした。

« アンズの気持ち、リンリンの気持ち | トップページ | 朝の風景 »

日常」カテゴリの記事