« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月29日 (火)

六ヶ月が経ちました

 今日はアンズの月命日。半年が経ちました。もう半年、まだ半年。

 リンリンを見ていると、アンズのことをよく思い出します。親子ですが、個性はそれぞれ。

 たとえば、夜、帰宅すると、リンリンは「ゴハンゴハン」と大騒ぎ。鳴くわ、爪は研ぐわ。
 とはいえ、ゴハンの前にまずすることがあります。それはトイレ掃除。

 「ちょっとまっててね」と声を掛けてトイレ掃除をはじめると、リンリンは「うるうるっ」と文句を言いながらビングをうろうろしたり、絨毯で爪を研いだり。早く早くとせかします。

 けれどもアンズの反応はちょっと違っていました。

 人用トイレで猫トイレの掃除をしている間、私のすぐ後ろでそわそわ。
 鳴かないし、爪研ぎでせかすこともしないんですよね、そういうときには。ひたすらうろうろして掃除が終わるのを今か今かと待ちわびるのです。

 「悪いわね~、ありがとね~、カリカリも~、よろしくね~」といった感じでした。

 一分でも早くゴハンが欲しいけれど、自分たちのトイレ掃除で時間を取られていることがわかっていたのだと思います。

 ガチャ子さんの時にも思いましたが、臈長けた猫は賢い。

P1040512
 アンズが大好きだった首筋マッサージ。

 

 

2016年3月24日 (木)

やっぱりテレビがすき

 リンリンのテレビ視聴ブームはまだ続いています。

 P1050509
 何を見ているのかというと……。

P1050503

 美人の白猫さんでした。

 鳥などの映像も好きですが、猫科の動物が出てくると興味津々なようです。

 普通のドラマもよく見ます。この間は、「精霊の守人」を私と一緒に楽しんでいました。

2016年3月19日 (土)

見慣れぬ姿はアヤシさ100%

 私の職場には服装の規定がありません。それをいいことに、一年中比較的ラフな格好で出勤します。いわゆるスーツで出勤することはまれです。

 さすがにGパンにトレーナーということはしませんが、動きやすいパンツにシンプルなプルオーバーやセーターなどの組み合わせが中心。冷え対策のため、スカートをはくことはほとんどありません。

 とはいえ、年に数回はきちんとした格好をする日もあるわけで。

 先日、フォーマルスタイルにフルメイク(いつもはメイクも最低限、という名の手抜き状態。)という出で立ちで出勤準備終了。出かける前にリンリンに声を掛けようとしたら……。

P1050626
 「藻塩が女の人みたいな格好をしてるよ」

P1050627
 「がんばったんだろうけれど、なんだかな~。ぱちもんくさいってのは、こういうのを言うんじゃないのかね~」

 ……せめて、アウトレットと言ってよ。

P1050628
 「カタカナ使えばいいってもんじゃないよね。」

 たしかに。


2016年3月15日 (火)

暖かくなってきました。

 ずいぶんと暖かくなってきました。

 冬の間、ストーブと私の間に陣取っていたリンリンも、部屋のいろいろなところで寝るようになりました。

 でも、すりすりは大好きなので時々はこんな風に近くに来たり……。

P3061147
 こんな風に後ろから体を寄せてきたりします。

P3061150

 手が三本欲しいと思いながら、がんばってシャッターを切ってみました。

 猫の方から側に来てくれる冬は、大好きな季節です。寒の戻りが少しぐらいあってもいいかもなどと不届きなことを考えたりして。

2016年3月11日 (金)

五年が経ちました。

 「今日が昨日の続きとは限らない」

 人は時々こんな言葉を口にします。私もそうでした。けれども、以前はこの言葉の意味をわかっていたつもりにすぎなかった。今も本当の意味ではわかってはいないのかもしれませんが。   

 大災害から五年。

 あの日も金曜日でした。

 たびたび来る余震の中、私はテレビから流れてくる信じられない光景に言葉を失っていました。ガチャ子さんも、いつもより落ち着かない様子でした。

 一年後、私はひとりでこの日を迎えました。

 二年後、アンズ・リンリンと暮らしはじめていた私は、万一の時に猫たちをどう守るか、あれこれ考えていました。

 三年後と四年後、平凡な日々の幸せを改めてかみしめました。

 そして五年後。生きている以上、変わらずにいることはできないのだと実感しながら、この日を迎えています。

 多くの人の心に傷は残ったまま。明日は我が身。

 生きていると、さまざまな災い私たちに降りかかります。特に天災は、ある意味避けようがないところがある。だからこそ、せめて人災は起こさないようにしていきたいと思う、この頃です。

Cimg2924

 

 

 

2016年3月10日 (木)

トイレのこだわり

P3061131

 リンリンの後ろに写っているトイレが今日の話題です。 リビングには猫トイレを二つおいています。大きいものと、小さいもの。

 最近、あることに気づきました。トイレの使い方に、リンリンなりのルールがあるようです。

 大きいトイレは、大の時にも小の時にも使います。けれども、小さいトイレでは小しかしません。

 ここ数ヶ月、トイレの掃除の度に確認していますが、そのルールが破られることはありませんでした。

 理由はわかりませんが、リンリンなりのこだわりがあるようです。

 ちなみに、大と小とを続けてするときには、まず大きいトイレで大を済まし、その後すぐに小さい方に入り直して小をします。

 一度に大きい方でしてくれれば、掃除をするのが一つで済むのですが、そこはさすが猫。譲ってはくれないようです。

2016年3月 6日 (日)

お出迎えはしません

 世間には、人が帰宅する度に猫が玄関で出迎えてくれるという幸せな家庭もあるようですが、わが家はさにあらず。

 ごはんタイムの帰宅の時にはニャーニャーいいながら大騒ぎで『帰宅大歓迎』してくれるリンリンですが、そうでない時間帯に帰ると実にクールです。

 静かな玄関から入り、静かなリビングに入るといつもは私が使っている座椅子の上で

 「あ、帰ってきたんだ。意外と早かったね」

P1050547
 先日の休日など、静かなどころか、リンリンの姿が見当たりません。カーテンの裏にも、こたつの中にも、ビデオ台の裏にも、押入の中にもいません。

 洗面所にいってみたところ。

P1050562

 あれま。

 アンズ・リンリンと暮らしはじめてすぐ、アンズが洗濯機の中でくつろいでいたことがありました。

 その後、こまめに蓋をしめるようにしていたのですが、リンリンは洗濯機の中に入りたがることがなかったため、油断していました。その隙を突かれた形です。

 洗濯はまた後でも大丈夫、と思い、しばらく好きにさせていたのですが、一時間後には。

P1050569

 なんだかすっかり落ち着いてしまっていました。

 またしばらくは、気をつけて蓋をしめるようにします。

 

2016年3月 1日 (火)

バッテンお手々

 猫と一緒に暮らしていると、「この姿を写真に撮りたい」と思うポーズと出会うことがあります。そういうときに限って、慌ててカメラを構えている間にシャッターチャンスを失うものなのですが。

 先日は幸運にも、そういうポーズを撮ることができました。ばってんお手々です。

P1050428

 手も顔も黒いのでわかりにくいですが。

 いつか是非撮りたいポーズはほかにもありますが、そのうちの一つが大あくびの顔です。

 重度の口内炎に悩まされ続けたアンズと暮らした私にとって、猫の大あくびは健康の印。

 

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »