« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年6月

2016年6月22日 (水)

ムダな抵抗

 朝ご飯が気に入らなかったリンリン。

P1050962
 「オイシイゴハンをくれないなら、こうしてやるんだからね」

 リンリン、私の服の上に寝ないでよ。仕事に出られないじゃない。

P1050968
 「オイシイゴハンをくれる?」

 それはだめ。あげたのを食べてください。

 しばらくふてくされていたリンリンですが、結局ご覧の通り。

P1050971

2016年6月18日 (土)

おやつの邪魔をしてはいけません。

 本日のおやつはキャベツです。

 必死になってかぶりついているため、写真がぶれぶれ。

P1060041

P1060050

 このあと、カメラを床に置いて動画も撮りました。その間、猫トイレの掃除をしたりして動き回っていたら落ち着かなかったらしく、動画のリンリンはあまりキャベツを食べていませんでした。

 失敗失敗。

2016年6月14日 (火)

歴史ドラマよりネズミさん

 相変わらずテレビっ子のリンリン。

 この間、動物番組でネズミの仲間の特集をやっていました。いつもにまして熱心にテレビ視聴。かぶりつきです。

P1060053
 「なんだか、今日のテレビはすっごくおもしろい」

 そう、よかったね。

P1060056

 「じっさいに会ってみたいな~、じゃれてみたいな~、かじってみたいな~」

 それは無理だし、しない方がいいよ。

 その昔、『猫が見ても視聴率』などと揶揄的に言われたこともあったようですが、これだけ熱心に見ているのなら、猫だって立派な視聴者かもしれません。猫はスポンサーの商品を自分で買ったりはしませんけれど、リンリンが見ているのはコマーシャルのない番組なので、その点も問題ないですよね。受信料を払っているのは私ですが。

 そうこうしているうちに、歴史ドラマが始まりました。

P1060062

 「……」

P1060067
 次第次第に後ろに下がってきて、私の足に寄りかかりました。

 

P1060074_2

 「ねえ、さっきのネズミさんは?」

 「もうお終いみたいだよ。来週、また別の動物が出ると思うから、楽しみにしようね」

2016年6月10日 (金)

開けてみたいのがネコ心

 昨日、洋式トイレの蓋に挟まれてしまった猫さんの写真をネットで見かけしまた。

 思わず笑ってしまいましたが、蓋や戸を開けたがること、猫にはありがちだと思います。

 ミーメは、洋服ダンスの引き出しを開けるのが好きでした。冬になるとよく、引き出しの中にしまっていたバルキーソックスを引っ張り出して遊んでいました。

 リンリンが好きなのは、戸をあけること。

 たとえば、泊まりがけの出張から戻るとこうなっていることがしばしばあります。

P1050779
 こちらも……。

P1050784

 シッターさんが来られたときにこうなっていると「おなかがすいているのでは」と心配されますが、たぶんそうではなく、遊んでいるのだと思います。中に入りたくて開けるというより、中が見たい、もしくは開けることそのものが楽しいのかもしれません。

 リンリンは、引き出しも開けます。押入に入れているプラスチックの引き出しなど軽いもの。

 私がいないときや、目を離している隙に開けようとするので、「ダメ」と言われるのはわかっていてしているのだと思います。猫は好奇心の塊ですものね。

 アンズが好きだったのは、洋服ダンスの戸を開けることでした。彼女の場合、開けることだけが目的ではなく、そこでのんびり昼寝をすることも好きでした。

 ガチャ子さんは、戸や引き出しを開けて遊ぶことはなかったように思います。

P1060016
 「僕に隠し事をしようったってダメさ。」

 ……だしの素や鍋やタオルを暴かれてもねえ。

2016年6月 6日 (月)

今日も草食系猫男子

 このところ、白菜の甘酢漬けに凝っている私。このあいだも白菜を買って帰りました。

 そうしたら……。

P1050976
 「お、これはもしかして」

P1050985
 「かじるとおもしろくてちょっとおいしいものかな?」

 このあと、一番外側の葉を一枚、広告紙にのせて床に置いておいたら、翌日には青い部分はなくなっていました。

 

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »