« リンリンの災難 | トップページ | 続く日常 »

2018年4月19日 (木)

リンリンの災難2

 次の日の朝、藻塩は眠そうな顔でもそもそ起きて、ぼそぼそパンをかじって、のそのそ着替えた。
 誰かが来て、知らない匂いの布団を持って行った。
 そして……。
 「行こうね、リンリン」
 そう言った藻塩は、ボクをキャリーの中に押し込んだ。抵抗する間もなく、キャリーのジッパーは閉められた。

 その後、タクシーに乗せられ、電車に乗せられ、またタクシーに乗せられた。
 その間ずっとボクは固まっていた。何回か小さな声で鳴いてみたけれど、何も起こらなかった。
 電車の中で二回、「あ、猫が入っていたんですね」という声が聞こえて、キャリーの網越しに知らないヒトと目が合った。一人は優しそうなお兄さん、もう一人はきれいなお姉さんだった。

 そうこうして着いたところは、またもやがらんどうの部屋。キャリーから出してもらったけれど、どうして良いか分からない。
 ゴハンと水をもらったけれど、食べる気も飲む気もしない。
 一通り部屋の中を歩いてはみたけれど、落ち着ける場所はどこにもなかった。
 ここにも知らない匂いの布団があった。仕方が無いので、藻塩と一緒にその布団で寝ることにした。

 「明日は荷物の搬入だから、またお風呂場にいてね」
 藻塩はそんなことを言ってボクをなでた。嫌だって言ったって、聞いてくれないくせに。

 次の日、朝から夕方まで、お風呂場の外はバタバタしていた。静かになった後、出してもらえたけれど、その時には家中ものがあふれかえっていた。なんだかな~と思いながら、家中を探検した。部屋の戸も、タンスやクロゼットの戸も皆開け放たれていて、見放題、入り放題だった。藻塩にしては気が利くじゃん、と思った。

 それから一週間、床の上に積まれていた段ボールも、少しずつ減っていった。
 藻塩は相変わらずバタバタしていたし、時々知らない人が来ることもあったけれど、ボクはわりと落ち着いた毎日を送ることができた。
 ゴハンも、荷物が入った翌日から食べられるようになった。

 藻塩が買ってきた新しいふりかけが気に入って、もくもく食べている。

 そう、今の家に来て、変わったことが一つ。
 ボクは、藻塩と一緒の部屋で寝ることが多くなった。
 前の家では、ママがいたときにはママと、一人になってからは一人でリビングに寝ていたのだけれど、今回のことをきっかけに藻塩の布団で寝てみたら、案外気持ちいいことが分かったんだ。
 でも、一晩中布団で寝ると飽きちゃう。だから、時々窓辺に行ったり、リビングの座布団の上で寝たりしている。布団から出るときには、わざと藻塩の頭の周辺をわしわし歩いていくことにしている。
 ボクを振り回したことへのちょっとした意趣返し。

 今、藻塩はまた毎日仕事に出かけていく。夜になって、ゴハンをもらって、少し眠くなると、藻塩の足に寄りかかりながらうとうとするんだ。
 まだちょっと肌寒い日もあるからね。

 びっくりな出来事が次々起きたけれど、ボクはとりあえず元気です。

 油断はしていないけどね。

« リンリンの災難 | トップページ | 続く日常 »

小話」カテゴリの記事