昔話

2011年6月21日 (火)

至福のひととき

 今日の写真は、94年の大晦日に撮ったものです。ガチャ子さんがのせてもらっているのは父のお腹の上。このとき見ていたのは紅白だったか、それとも行く年来る年だったか―。
 年越しの準備も終え、あとは新年を迎えるだけとなった家族団欒の真ん中に、当然といった表情で陣取っていたガチャ子さんでした。

 こういう体勢になると、ほどなく父の足に顔をすりつけてうたた寝を始めるのが常でした。ガチャ子さんにとって至福の時だったと思います。

Img0098

 就職で家を離れた私に代わりガチャ子さんのことをかわいがってくれた父でした。けれど13年前の今日、ガチャ子さんは「至福の時」を楽しむ機会を永遠に失ったのでした。

2011年6月18日 (土)

ねこつぐら

Img0053

 ボケてわかりにくいのですが、父お手製の段ボール製ねこつぐらの中でくつろぐガチャ子さんです。ずいぶんと長い間、ガチャ子さんお気に入りの猫小屋でした。

 ガチャ子さんが年を取り、腎不全のために戻したりお腹を壊したりすることが多くなった数年前、汚れてしまったという理由で私が解体処分しましたが、その時はかなり大変でした。
 バラバラにして初めてわかったのですが、ただの段ボール箱に穴を開けたのではなく、あちこちが補強され実に丈夫にできていたからです。手先が器用で凝り性の父ならではの「仕事」でした。道理で十年以上ももったはずです。

 その後はしばらくの間、帰省するたびに私が新しい猫小屋を作り直していましたが、当然のことながら父が作った物とは雲泥の差。ゴミ箱同然のねこつぐらを使わされたガチャ子さんはさぞかし不本意なことだったろうと思います。

2011年6月15日 (水)

猫釣り

 ヒーターの上でくつろぐガチャ子さんに、遊びのお誘いがかかったところの写真です。誘っているのは父。

Img0088

 若い頃の父の趣味は釣りでした。もう使わなくなった釣り竿を利用して、ガチャ子さんの遊び道具を作ってくれました。紐の先に取りつけられたアルミホイルのボールを追いかけて、当時のガチャ子さんは張り切って遊んでいました。この写真でも、耳がまっすぐボールの方に向いていますね。このあと、アルミボールにつられてヒーターの上から飛び降りたのでした。

 竿に紐をただ結びつけただけではないところが父の父たる所以。紐の長さを調節できるようにリールまがいの部品まで取りつけています。

 猫のおもちゃ一つにも凝り性ぶりを発揮した父でした。  

2011年6月12日 (日)

暑さ対策 冷え冷えシート

 6月も半ばに入り、気温が高くなってきました。

 昨夏の猛暑は飼い主にも負担でしたが、高齢猫のガチャ子さんにとってはさらに辛いものだったと思います。食欲がない日も少なくなく、さすがのガチャ子さんも一時は体重が減りました。さて、今年はどうでしょう。

 下の写真は、母の家にいた頃に使っていた動物用冷え冷えシートに乗るガチャ子さんです。絨毯敷きの家では猫は辛かろうと思って買ったのですが、どうやらあまり好きではなかったようです。

Img0072

 その後、ジェルタイプの人間用冷え冷え枕の方が好きとわかり、ここ何年かはそちらを使わせています。

 そろそろ冷え冷え枕を準備しましょうか。

2011年6月 3日 (金)

貫禄のガチャ子さん

 今日は、妙に貫禄のあるガチャ子さんの写真をご紹介。日付がはっきりとは見えないのですが、多分4歳くらいの時のものです。

 態度からも目つきからも、愛らしさはすっかりと影を潜め、堂々としているというかふてぶてしいというか。押しも押されもせぬオバサンっぷり。

 「ふふん。なんか文句ある?」といった風情です。

Img0062

 この写真と比べると、今の表情の方がむしろ幼く頼りなげなところがあります。

Photo

 猫も年を取ると、子どもにかえるのでしょう。

2011年5月28日 (土)

横取り座椅子

 猫と一緒に暮らしていると、人間用に買った物がいつの間にか猫用になってしまうことがしばしば。そうなりがちな物には、たとえば毛布とかクッションなど、猫の寝床になりやすいものが多いように思います。

 ガチャ子さんがこれまでに横取りした物の中で、最大のものがこれ、座椅子です。

Img0076

 これはもともと母の座椅子でした。買ってきた当座、母はこれに座ってテレビを見たりしてくつろいでいたのですが、そのうちにガチャ子さんが頻繁に利用するようになりました。最初のうちは「これは私の座椅子、ガチャ子、どきなさい」と言っていた母もじきに諦め、結局は我が物顔でガチャ子さんが占有することとなりました。

 ガチャ子さんが私の家に引っ越した後、処分されたこの座椅子は、今はもう母の家にはありません。

2011年5月16日 (月)

猫虫、すまん寝、うなじ

 前回に引き続き、今日の話題も猫の寝姿です。

 私はガチャ子さんを含めて三匹の猫と暮らしてきましたが、ミーメだけはよく変な格好で寝ていました。それが下の写真。

Img0042

 某有名猫ブログで「すまん寝」と呼ばれているのと同じスタイル。私たち家族は「猫虫」と言っていました。知り合いのご家族が飼っていた猫もこういう寝方をしたそうですが、そのお宅では「うなじ」と呼んでいたそうです。

 同じ寝方でも、呼び方それぞれ。

 ミーメの写真は、今日で一応終わり。おつきあいありがとうございました。

2011年5月13日 (金)

ミーメとガチャ子さん その4 寝姿

 ミーメ、そしてガチャ子さんが暮らしていた両親の家のリビングには、据え置き型のエアコンがありました。その上は代々の猫たちのお気に入りの場所。でも寝方はそれぞれ。

 ガチャ子さんはごく普通に寝そべるのが常。この写真のガチャ子さんはちょっと不機嫌そう。目つきが悪いです。

Img0087

 一方ミーメは、枕をするのが好きでした。

Img0049

 頭の下に敷いているのは小型の時刻表です。

2011年5月10日 (火)

ミーメとガチャ子さん その3 ソファの使い方

 人にとって座り心地の良いソファは、猫にとっても格好の寝場所。ガチャ子さんもミーメも、ソファはお気に入りの場所でした。

 ただ、ソファの使い方はちょっと違っています。ミーメは、上に乗るのも好きでしたが、クッションとクッションの間に入り込むのも大好きでした。

Img0046

Img0052

  こんな風に尻尾が出ているときはわかりやすいのですが、クッションの間でミーメが昼寝をしているのに気づかず、誰かが上に乗ってしまうこともしばしばでした。そのたびに彼は抗議の声を上げていましたっけ。
 一方ガチャ子さんは、上に乗る派。クッションだけでなく肘掛けにも良くこうして乗っていました。

Img0081

 写真をよく見ると、ソファががりがり。ガチャ子さんの爪研ぎの後です。

 ガリガリにされても惜しくないものを選んだと、当時母は言っていました。

2011年5月 7日 (土)

ミーメとガチャ子さん その2 お気に入りの遊び

 多くの猫にとって、箱や袋は格好の遊び道具。無邪気に遊んだり挑んだりする姿は猫好きにとってたまらない魅力にあふれています。私も、箱にご執心なまん丸体格の猫さんで有名なブログをほぼ毎日欠かさずチェック、ディスプレイの前で楽しませてもらっています。

 ガチャ子さんも、元気な頃には箱や袋が大好きでした。特に袋はお気に入り。買い物から帰ってきた家族が中身を出し終わるや否や、待ちきれない様子で袋に潜り込んで延々と遊んでいたものでした。

Img0068

 これに対してミーメは、どちらかというとタンスや開きがお気に入り。物のつまった棚に無理矢理入り込んで中身を外にかき出し、自分がちゃっかり収まることもしばしばでした。

 下の写真は、開きの整理をしていた折にこちらの隙を狙って入り込んだところを写したもの。撮影が終わるとすぐに、「どきなさい」と言われた彼は、ウーウー言って怒っていましたっけ。

Img0045

 

より以前の記事一覧